いつまでも元気でいてほしい

私が生まれたと同時に、我が家に雑種犬がやってきました。名前は“ムージョン”。亡くなるまでの11年間、ムージョンは私にたくさんの癒しと思い出をくれました。11年という年月は、当時の犬の一生にとしては決して短いものではなかったと思います。ですが、今も時折ムージョンのことを思い出しては「もっと一緒にいたかった」となんとも言えない気持ちに包まれます。
現在我が家にいる2代目犬の“ラヴ”にも、いつまでも元気でいてほしいという思いは同じです。「今」を生きている愛犬には、いつまでも健やかにいて欲しい。その想いは世の飼い主さまも等しく抱かれていると思います。

ペットと過ごす環境をもっと便利に、もっと豊かに

日本は成熟国となり、それに伴い今後ますますストレス社会となりつつあるのが現状です。そんな時、ペット達が我々の側にいてくれるということは、私たち人間のライフスタイルを豊かにしてくれます。彼らに豊かな暮らしを提供することは、私たち人間への信頼に応えることに他なりません。

大切な"家族"のために

我が国はアメリカに次ぐペット大国と言われています。しかし、ペットと共に暮らす環境は決して進んでいるとは言えません。アメリカはもちろん、ヨーロッパ各国と比べると、大きな遅れをとっているのが現状です。悲しいかな、「ペット後進国」と揶揄されています。
この現状を解決するために、我々は飼い主さまとペット達がより便利に、より豊かに暮らすことができるよう、衣食住を始めとするすべての環境より良くするために邁進してまいります。


株式会社Nolem
代表取締役兼CEO 西本俊勲
上部へ戻る